ALcot『Clover Day's』応援中!
【サキガケ⇒ジェネレーション!】情報ページ公開中! 小さなちいさな円の洞穴 おとぎ銃士赤ずきん
プロフィール

円

Author:円
プロフ

メールアドレス
shootingstar0219☆msn.com

☆は@にしてください
スパム対策の為ですのでご了承願います

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

小さなちいさな円の洞穴
\(`д´)ゝデュエッ!
おとぎ銃士赤ずきん 第39話 「さよなら赤ずきん」


いに最終回です。
ショッパナからりんごがマジかわゆいんだが。
戦いもおわり前回で終わりでいいのにスタッフが日数合わせのために作ったせいでエルデサービス編ができちまったよ!まぁ小夜さんの声が聞けるからうれしいんですがね
snapshot20070401014642.jpg

マジでどんなサービスなんだ!学校にグレ子がいるよwwwww
これは あれかコスプレってやつか
おじさん的にはありなんだがな 今日ちょっとおかしなことがあって・・・コスプレネタ・・・
だって・・・ポケモンのDVDの中の服の説明でハルカコスプレとかあるんだwww
んで弟が母親になんて読むか聞いてて
「ハルカコスプレ・・・ハルカ水着・・・タケシこすp・・・」


orz


[READ MORE...]
スポンサーサイト
おとぎ銃士赤ずきん 第38話 「未来への扉」


いにエルデ進行作戦が決行された!
Sサンドリヨン様になり体も通常のX倍になりました。
あいかわらず頭にクワガタはついたままなのがポイント
snapshot20070401012709.jpg

でも特に激戦と言うほどでもないような展開で即決着!
秘儀 話数の都合で・・・何と言う仕事だ
書いてる俺もかなりのやっつけ仕事(マテ
たどり着くと案外早く決着というとこがマジしょっぱい(戦うまでの会話だけが熱くていいんだけどね)
まぁ フェレナンド王と草太の力を合わせてぱわーあっぷした赤ずきんたちによって倒される当たりがお約束感あふれていいです。

余談ですが、母親 小夜さんが相変わらずいいんですが。
声を誰か調べてみたら・・・皆口裕子さん

・・・え~と出てた作品は・・・

・光月未来
・ビーデル
・セーラーサターン
・水瀬秋子

オレの好きそうなキャラばっかだったのかw

おとぎ銃士赤ずきん 第37話 最終回近いのでSP2
おとぎ銃士赤ずきん 第37話 「ふたつの世界の物語」
snapshot20070328050243.jpg

???「なんかヤヴァイ!
なんか俺の中で舞いゼリフだは(マテ
もう、かなりやヴぁそうだもん!むしろ この子は何処の村の人でしたっけorz
あっち村とかこっち村のひとじゃないし・・・ネタ古いな
snapshot20070328050702.jpg

さらにナツカシいキャラもでてます。
といっても覚えてますけど!なまえは・・・orz
確か髪が長くて結婚する相手の王子様が呪いでカエルにされてた話の人ですよ! そのときにグレ子とお兄様がせめてくるんですね! 迎えにくるとかいってたけどまだここの塔にいるんだなw

[READ MORE...]
おとぎ銃士赤ずきん 第36話 最終回近いのでSP1
おとぎ銃士赤ずきん 第36話 「鍵のちから」


いにサンドリヨン城突入!
サンドリヨン城には母の姿が・・・それはなんとサンドリヨンの作戦!
その母を護るために鍵の力を使いテゥルーデを撃墜するが・・・
なんとテゥルーデの正体は草太の母だった!
母の名は シルフィーヌ 無駄にかっこいいのは実は母は7賢者の一人だったからだ
シルフィーヌはサンドリヨンを封印するために糞ジジイのヘタレ賢者と共に再封印しようとするが・・・じじいがおもに失敗して
シルフィーヌはサンドリヨンの手に落ちたのでした。

そして熱い過去の話の@にヘタレ三銃士はサンドリヨン様に立ち向かっていくがしょせんヘタレ・・・ただ疲れてるだけですが・・まったく歯が立ちません; 
草太を護るためシルフィーヌはサンドリヨン様に特攻するが敗北。
その傷つき死んでいく母の姿に草太はついに暗黒のフォースに目覚めるのでした
[READ MORE...]
おとぎ銃士赤ずきん 第35話 封印の地へ


帰ってきました虎王様!虎王機!邪虎丸
あの時の予想通り最終決戦で間に合うようちゃんと出てきました。
どうみても捨て駒です・・・お疲れ様でした(マテ
でももっとステキな子がいたりします
[READ MORE...]